logo

ブルーレイ、認知率約8割に--エルゴ・ブレインズなど調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルゴ・ブレインズは6月18日、リックの家電専門誌である月刊「IT&家電ビジネス」編集部と共同で実施した第2回「ブルーレイレコーダーの購入に関する調査」の結果を発表した。

 調査によると、Blu-rayが何か「知っている」と回答したのは77.2%で前回(2007年11月実施)調査時より20ポイントアップした。東芝がHD DVDから撤退したことについては87.8%が「知っている」と回答、そのうちBlu-rayレコーダーへの購入意欲が「高まった」と回答したのは54.1%だった。

 今後もっとも買いたいと思うビデオレコーダーのタイプは「ブルーレイレコーダー」(57.7%)が最も高く、前回調査時より28.4ポイント増加した。一方、「DVD/HDDレコーダー」(26.4%)は前回調査時より16ポイント減少した。

 また、Blu-rayレコーダーをいつ買いたいかについては「購入したいが具体的な予定はない」(78.6%)が最も多く、1年以内に購入予定のある人はわずか1割にとどまった。1年以内に購入予定のある人に、欲しい理由を聞いたところ「ブルーレイソフトを買って高画質で映画などを楽しみたい」(51.2%)や「デジタル放送を高画質のまま保存したい」(48.8%)などが多く挙げられた。

 また、北京オリンピックで録画したい競技は「水泳」(22.5%)や「野球」(20.3%)、「バレーボール」(19.7%)などが多く挙げられた。

 調査期間は2008年5月20日から23日まで。有効回答数は1047人。

-PR-企画特集