KDDI、岩手・宮城内陸地震被災者の固定通信料を軽減

松田真理(マイカ)2008年06月16日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは6月15日、岩手・宮城内陸地震の発生に伴い、災害救助法が適用された地域のサービス通信料金について支援措置を発表した。

 同社の提供する固定通信サービス「KDDIメタルプラス」では、被災者からの申告があった場合、避難期間の月額基本料および付加サービス利用料を減額する。

 また、au携帯電話サービスおよびKDDIメタルプラスなどの固定通信サービスに契約している被災者について、6月中に届ける請求書の支払期限を、請求書記載の日付より1カ月延期する。ただし、請求書を窓口で支払っている場合に限る。

 支援措置の対象になるのは、現在、災害救助法適用地域となっている岩手県一関市と宮城県栗原市。今後、災害救助法適用地域が拡大した場合は、KDDIのサイトで告知する。

 このほか、東北6県内の全auショップにおいて、無料充電サービスを実施する。今後は、請求書送付先が災害救助法適用地域にある顧客に対して、故障したau携帯電話機の修理費用を軽減する予定だ。

 au携帯電話に関する問い合わせ電話番号は、au携帯電話からの場合は局番なしの157。au以外の携帯電話または一般電話からは0077-7-111。固定通信サービスに関する問い合わせは、携帯電話、PHS、一般電話から0077-777となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加