logo

ワンセグ対応端末が急増中、PHSが盛り返し--4月の携帯電話国内出荷

松田真理(マイカ)2008年06月13日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2008年4月度の移動電話(携帯電話、およびPHS)国内出荷実績を発表した。発表によれば、4月度の移動電話国内出荷台数は329万8000台で、前年同月比22.1%減と3カ月連続マイナスになった。

 このうち携帯電話は313万3000台で、前年同月比23.3%減とやはり3カ月連続マイナスとなった。ワンセグ対応製品は206万2000台で、同88.6%増。ワンセグ搭載率は65.8%と、6カ月連続で5割を超えた。また、ワンセグ対応製品の累計出荷台数が3089万3000台となり、はじめて3000万台を突破した。

 PHSは16万5000台で、前年同月比77.4%増とプラスになった。

-PR-企画特集