NECとウイングアーク テクノロジーズが資本提携--協業の拡大図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECウイングアーク テクノロジーズは6月12日、運用管理および情報管理領域のソフトウェア事業強化のため、資本提携を含む協業関係の拡大を図ると発表した。

 NECとウイングアーク テクノロジーズは、2005年3月に協業関係を構築。ウイングアーク テクノロジーズの帳票設計ソフト「Super Visual Formade」、統合プリンタ制御ソフト「Report Director Enterprise」をNECがOEM販売している。

 また、両社は2008年4月に、帳票ソフトの稼働状況を監視する「WebSAM RDE 監視Pack Option」の共同開発および製品化を実施したほか、障害時の対処方法を表示するナレッジデータベースの構築、提供をしている。

 今回NECは、アドバンテッジパートナーズLLPの運営するファンドから、ウイングアーク テクノロジーズの株式の10%相当を取得することで一層の協力体制を構築する。

 さらに、NECの統合運用管理ミドルウエア「WebSAM」と、ウイングアーク テクノロジーズの帳票管理ソフトウェアとの製品連携を強化する。これにより、帳票出力システムの監視、ジョブ、ログの機能が強化され、システム全体の信頼性向上と、内部統制などに有効な帳票運用が可能になるとしている。

 また、NECはウイングアーク テクノロジーズのBIツール「Dr.Sum EA」の販売を担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加