ミニノートブームの本命登場か--日本HP「HP 2133 Mini-Note PC」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒューレット・パッカード
内容:EeePCの発売に始まった小さくて安いノートPCのブーム。PC世界最大手のHPから発表された、格安ノートの本命とも言われてきた「HP 2133 Mini-Note PC」がいよいよ国内登場する。Windows Vistaと100Gバイトを超えるHDDを搭載し、誰でも使いこなせそうなHP 2133だが、実際の仕上がりも上出来だ。

意外に大きいミニノート

  • HP 2133 Mini-Note PC

 HPから発売された「HP 2133 Mini-Note PC」。名前や価格、そして写真を見ると、UMPCであったり、とてもコンパクトなノートPCという先入観を持ってしまう。写真で見ている範囲ではボディーが丸みを帯びていたり、キーがボディに比べて大きく見えることから、全体的に小さい印象を受けてしまう。

 ところが、実物を見て驚いた。自分の想像を超えた大きさという印象で、ミニノートという感じがまったくしないのだ。普及型の3kgほどある他のノートPCと比べてみれば小さいサイズなのであるが、EeePCをはじめとするミニノートPCから比べると大きく、キーボードも、液晶14-15インチクラスのノートPCよりも大きいと錯覚するほどゆったりとしている。

 実際のスペックは幅255×奥行166×厚さ27.2mm。重さは1kgを超える1.27kg。表面は金属調でヘアライン加工をしているため、プラスチック張りのノートPCに比べると、がっちりとして、重量感さえ感じてしまう。

 普及を狙った安いスタンダードモデルで5万9800円、OS、CPU、バッテリーなど全体的にアップグレードしたハイパフォーマンスモデルが7万9800円と一般的なモバイルノートPCからするとかなり安価な部類。しかも、予備知識なしでこのモデルを触ったなら、もう少し上の、コンパクトかつ高級感あるモバイルノートPCだと思ってしまうだろう。

  • HP 2133 Mini-Note PC

  • アルミヘアライン加工の上面

  • 底面もヘアライン加工。ネジ頭が一切ないことに注目だ

  • 右側面はカードスロットやインターフェース

  • 左側面には排気口がある

  • 背面はバッテリーのため、何もインターフェースはない

  • 前面には、電源スイッチとワイヤレスのスイッチがある

  • コーナーの丸みはこのとおり、きれいなカーブを描いている

  • 底面も丸みを帯びた形になっている

  • カードスロットはPCカードではなくExpressカードx54とSDメモリー。カバーは別付けタイプ

  • USB、有線LAN、ACアダプター、セキュリティロックホールと並ぶ

  • オーディオ入出力は金属製。左側面のUSBの横の穴は専用周辺機器用インターフェースとなる

  • VGA出力はコンパクト機に多いネジロックなし。強固に固定する必要もないので問題はない

  • 電源スイッチは手前にある。スイッチ操作は右方向と思うが、左方向にスライドさせる。スイッチの横のLEDはHDDのアクセス。アクセス時は青、振動を感じてHDD停止したときはオレンジに点灯する

  • ワイヤレスのスイッチは無線LANとBluetooth両方が対象

  • 一応、エアロも動作する

  • Windowsエクスペリエンスインデックス。CPUやグラフィックスのスペックが低い

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加