MS開発トップが語る「Windows 7」(後編)

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年06月04日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--PC全体で起こっていることで、Windows 7の設計に影響を及ぼしていることはありますか。確実に設計に影響を及ぼしていることのひとつは、Vistaの延長ともいえる「Windows Live」サービスだと思います。今後、OSを拡張するオンラインサービスはどのくらい重要になっていきますか。

Sinofsky:WindowsとPCのエコシステムのすばらしいところは、すべての面において活動の不足がないことです。現在、Microsoftは、次期Windowsでわれわれが行おうとしているすべてのことについてどのように伝えていくか、誰もが理解できるように全力を挙げていますが、本当に望んでいるのは、開発に集中し、われわれが取り組んでいることが製品のすべてのユーザーにとって本当にすばらしいものになるようにいい仕事をさせてほしいということです。

--このインタビューの読者の中には、あなたにとって好ましくないことは承知していますが、今のWindowsチームは本当に閉鎖的だという印象を改めて持つ人がいると思います。あなたが言いたいことのひとつは、あなた方がパートナーに向けて話をしているということだと思うのですが、事前に公開する情報を限定することを重視する理由について、付け加えたいことはありますか。

Sinofsky:そうですね。誰もがMicrosoftが何をしているかについて一刻も早く知りたがっています。われわれがバランスを保つよう常に心がけているのは、われわれがミスを犯せば、望まないような悪影響がエコシステムに及ぶことから、われわれはエコシステムにおいて責任ある集団でありたいということです。たとえば、市場のニーズに本当に対処しようという点における最たる例として、Internet Explorerでの取り組みが挙げられます。われわれはすばらしい計画に取り組んだと思います。開発の初期段階で互換性、適合性、われわれがこれまで行ってきた標準サポートの設計を手助けしてくれたのは、すべて外部の第三者でした。

 その後、「それじゃあ、次は開発者に相談しよう」ということになりました。われわれは「Mix」で会議を行い、すぐに利用可能なInternet Explorerの開発機会について話し合いました。開発者にコードを渡し、仕様を公開し、彼らが作業を行えるようにしただけでなく、フィードバックを返してもらうようにして、開発に携わる体制を整えました。同じことを次期Windowsでも行いたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加