auの「Cyber-shotケータイW61S」と「W61T」に新色が登場

松田真理(マイカ)2008年06月04日 22時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ「Cyber-shotケータイW61S」と東芝製「W61T」について、2008年6月中旬より新色を追加する。

 Cyber-shotケータイW61Sは、有効画素数511万画素のカメラを搭載し、構図の中から顔を検出する「顔キメLite」や、被写体の笑顔を検知して自動的に撮影する「スマイルシャッターLite」などの機能を備えたモデル。新カラーとして、リフレクションゴールドとルミナリーピンクを追加する。

 W61Tは、同社が提供するスポーツ支援サービス「au Smart Sports」に対応。別売りのBluetoothヘッドセットを利用して、ワイヤレスで音楽が楽しめる。新カラーは、ビューティフルピンクとヘルシーグリーン。

「Cyber-shotケータイW61S」の新色ルミナリーピンク(左)と、「W61T」のヘルシーグリーン 「Cyber-shotケータイW61S」の新色ルミナリーピンク(左)と、「W61T」のヘルシーグリーン(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加