logo

Via、低消費電力プロセッサ「Nano」プロセッサを発表--インテル製「Atom」に対抗

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月30日 16時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Via Technologiesが表舞台に出ようとしている。同社は、米国時間5月29日、IntelのAtomプロセッサと競合する低消費電力プロセッサ「Nano」を発表した。メインストリームPCの世界で話題になりそうだ。

 Nanoは、当初Isaiahというコード名で呼ばれていたプロセッサで、x86アーキテクチャをベースとしている。このため、IntelやAdvanced Micro Devicesのチップと同じアプリケーションが動く。

 ターゲット市場は標準サイズのノートパソコンや、現在ViaのC7プロセッサを搭載している「HP 2133 Mini-Note PC」などのミニノートPC。ほかに、Nvidiaのグラフィックス・プロセッサを搭載する低価格デスクトップもターゲットに入っている。

 現行プロセッサC7と比べると消費電力は変わらず、パフォーマンスは2〜4倍、しかもC7と同じ回路基板が使える。

 Nanoを設計したViaの子会社Centaur Technologyの社長Glenn Henry氏によると「既存のC7とプラグ互換性があり」、C7チップと同じプロセッサソケットに装着できるという。

 TDP(熱設計電力)は、表に示したように、1.0GHzのモデルで5Wと少ないが、Atomチップの2.5Wより大きく、上位モデルでは25Wにもなる。

 Atomとの最大の違いは、Atomが単純な「インオーダー」設計なのに対して、Nanoはスーパースカラー、アウトオブオーダー設計になっている点だ。このため、Atomよりもパフォーマンスが高いケースがあるという(Henry氏)。

 しかし、Nanoは低価格ノートとデスクトップもターゲットにしていることから、よりパフォーマンスの高いCeleronとも競合するかもしれない。

 量産出荷は、第3四半期の予定。

画像の説明

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集