logo

MS開発トップが語る「Windows 7」(前編)

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年06月02日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン州レドモンド発--Steven Sinofsky氏は、Jim Allchin氏からWindows開発の指揮を引き継いでから、一般の人々のレーダーからほとんど姿を消す選択をしている。

 彼は「Windows Vista Service Pack 1」のリリースや「Windows 7」の開発を怠って沈黙していたわけではなかった。単に製品の開発が十分に進展するまでその製品について語りたくないというだけなのだ。Sinofsky氏は2007年、Windows部門の同僚にあてたブログで、自分が公の場で沈黙を守っている理由を説明し、同僚たちも自分にならうように要請した。

 「会社によるこの種の情報公開に対する『弾圧』は『古くさい』ものであり、企業の透明性が求められている時代にはわれわれは常にオープンであるべきだと多くの人々が考えていることはわたしも分かっている」とSinofsky氏は書いている。「しかし企業は実際には透明なのではない。半透明なのだ。どの企業にも目に見える部分と目に見えない部分がある」(Sinofsky氏)

 しかしSinofsky氏は公の場での沈黙を少しだけ破ろうとしている。Windows 7の重要な詳細事項のいくつかを語り(Sinofsky氏はWindows 7は2010年1月までにリリースされるだろうと改めて述べた)、なぜそれほどまでに公の場で口を閉ざすのか理由を説明した。

 Sinofsky氏は先週、CNET News.comとの独占インタビューで、Windowsの新しいバージョンは互換性の課題を増加させかねない新しいドライバモデルなどを追加せずに、いかにVistaのアーキテクチャの変更の上に構築するべく設計されるのかについて語った。以下の内容はインタビューを編集したものだが、それでもかなり長い対話を収録している。

--Windowsの以前のバージョンのリリース前とは対照的にWindows 7についてはあまり多くの話が聞こえてこないのですが、それはなぜですか。

Sinofsky:われわれは常にエンジニアたちと同じように、自分たちが実行している作業について語りたくて仕方がないのです。しかし、一方、われわれは自分たちがWindowsとPCの全体的なエコシステムの一部であるという責任も強く感じています。情報を公開するときには、われわれが提供する情報が正確かつ信頼性の高いものにしたいと思っています。さらに、フィードバックがわれわれの計画に対して真剣に取り入れられるようなフィードバックのメカニズムを築きたいのです。「Windows Vista」で学んだ教訓の一部に対するわれわれの対応は、Windows 7のすばらしい計画を策定するわれわれの戦略に生かされていますし、エコシステムのすべてのパートナーとは非常に周到な方法で協力しています。そのために最終的な結果はわれわれの全員にとって非常に前向きな体験となっています。

--そのことと、人々が将来のWindowsに投資する価値があるかどうかを確かめられるようにすることを、どのように両立させるのですか。

Sinofsky:それは大変良い質問です。あなたが「人々」という場合、多くの種類のオーディエンスが存在すると思います。われわれがやろうとしていることは、対応するべき多くの種類のオーディエンスのおのおのに対して周到な態度で接することであり、われわれがWindowsの将来やPCの将来について持っている楽観的な考えを理解し、それを共有してもらえるような情報を彼らに提供することです。したがって、それは対象とするオーディエンスごとに異なる質問なのです。

-PR-企画特集