ソニー、有機ガラス素材の新スピーカーを発表--「Sountina NSA-PF1」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月28日、長さ約1mの有機ガラス管を振動させ、1台で奥行きと立体感ある音を360度へ広げる高音質スピーカーシステム「Sountina(サウンティーナ)NSA-PF1」を6月20日より発売すると発表した。価格は105万円。

高音質スピーカーシステム 「Sountina NSA-PF1」 スピーカーシステム 「Sountina NSA-PF1」

 Sountina NSA-PF1には、有機ガラス管から音を出すために、管の下端に配置された複数の加振器がそれぞれ独立して駆動する新開発システム「バーティカルドライブテクノロジー」を搭載した。管をすみずみまで精緻に振動させることで、管全体がトゥイーターとして働き、音を再現する。

 円筒形の管全体から奏でる音は、管を中心に360度へ広がる「サークルサウンドステージ」という、ソニー独自の音楽空間を実現。無指向性のため広い部屋やホール、ロビーなどに設置すればリスニングポイントを選ぶことなく、高音質サウンドが聞けるとのことだ。

 デザインは透明な有機ガラス管の中に、好みやインテリアに合わせて切り替えられる3色のイルミネーションを施した。また、本体には取り外しが可能な質感の高い本革製のスリーブ(装飾用カバー)を備えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加