logo

グーグル、ウェブアプリ開発ツール「GWT 1.5」製品候補版を公開へ - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月28日 13時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単調な仕事をこなすGWT

 GWTを利用する場合でも、プログラマーはJavaでコードを書けるが、GWTはそのコードをウェブブラウザに組み込まれているJavaScriptに変換する。ブラウザによってJavaScriptの扱い方は異なるが、GWTの1つの利点は、各ブラウザのJavaScriptの扱い方が大きく異なっていても対応可能である点だ、とGoogleは主張する。

 Johnson氏は、「すべてのJavaScript標準が、異なる方法で解釈されるわけではない」とし、「実は、そこが落とし穴だ」と付け加えた。

 GWTは、最近のブラウザの大半をサポートしている。例えば、Internet Explorer、Firefox、Safari(およびiPhoneやGoogle Androidなどに搭載されているそのほかのWebKitベースのブラウザ)、Operaといった主要ブラウザの最新版もサポートしている。

 SunはJavaの現行版「Java 6」でより多くの変更を行ったが、すでにJava 5で言語に関するいくつかの変更が行われた。その例としては、generics、enumerated types、annotations、enhanced for/loop syntax、autoboxingなどだ。

 これらの新機能がサポートされたことで、GWTと他のJavaプログラミング環境との差が縮小した。それにより、プログラマーがミスを犯す機会が減り、GWTもより高速はJavaScriptを生成しやすくなる、とJohnson氏は語る。

 GWTは、EclipseプロジェクトのJDTを利用して、人々が作ったJavaコードを理解する。その上で、Googleが設計したコンポーネントで、それをJavaScriptに変換する、とJohnson氏は説明する。

 GWTはオープンソースソフトウェアであるため、「(外部から)膨大な数のパッチが寄せられる」という。たとえば、現行リリースには、アラビア語のように右から左に記述する言語のサポートが含まれているが、それもその1つだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]