logo

「iVDRセミナー2008」を開催--「シリコンiVDR」を含む3つの新展開

加納恵(編集部)2008年05月27日 21時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iVDRコンソーシアムでは、5月27日「iVDRセミナー2008」を開催した。セミナー会場ではシリコンタイプや大容量タイプなどiVDRの新規格についても触れた。

 iVDRは着脱型のハードディスク(HDD)で、大容量記録メディアとして日立の薄型テレビ「Wooo」などに採用されている。今回新規格として提案されたのは、大容量タイプの「iVDR Xtreme」、接続ポートにUSBをサポートする「iVDR-i/o」、フラッシュメモリを採用する「シリコンiVDR」の3点だ。

 iVDR XtremeはHDDプラッタを3枚備えた大容量タイプで、耐衝撃性、拡張性に優れたハイエンドな仕様となる。地上デジタルチューナーやワイヤレスユニットなどへと拡張することを想定しているという。

iVDR Xtreme 日立マクセルの「iVDR Xtreme」参考出品

 一方、シリコンiVDRはHDDと比較し、低消費電力、小型化が図れることがメリット。車載用などモバイル用途として提案していきたいとした。シリコンiVDRはTDKが既に試作しており、16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトまでを製造可能としている。

シリコンiVDR 「シリコンiVDR」はTDKが既に試作している

 セミナー会場では、アイ・オー・データ機器や日立マクセルなどのiVDRプレーヤーやECCLEのiVDRスロット内蔵のセットトップボックスといった参考出品や、発売済みの日立薄型テレビ「Wooo」などが展示されていた。

 iVDRコンソーシアムでは、大容量、高速アクセス、著作権保護機能の搭載などiVDRならではのメリットを打ち出し、国際標準化への取り組みも進めている。

-PR-企画特集