logo

松下電器からノイキャンヘッドホン2機種が登場--騒音低減は80%以上

エースラッシュ2008年05月27日 20時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は5月27日、ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤー型ヘッドホン2機種を6月20日に発売すると発表した。

 発売されるのは「RP-HC55」と「RP-HC31」の2機種。いずれもフィードバック方式によるノイズキャンセリング機能を採用しており、電源には単4形乾電池1本を利用する。電池持続時間はアルカリ乾電池を利用した場合、RP-HC55が約40時間、RP-HC31が約54時間となっている。

 RP-HC55は直径9mmのユニットを採用し、雑音抑圧量は18デシベル以上でノイズキャンセル効果は約88%。RP-HC31は直径10.7mmのユニットを採用し、雑音抑圧量は15デシベル以上でノイズキャンセル効果は約83%とのことだ。コード長はいずれもイヤフォン側70cm、プラグコード70cmだ。

 付属品は、S、M、Lの3サイズを揃えたイヤーピースとミニ平型プラグアダプタ、飛行機用プラグアダプタ、キャリングポーチ。RP-HC55にはコードホルダーも付属する。価格はオープンだが、実売予想価格はRP-HC55が1万円前後、RP-HC31が7000円前後となっている。

「RP-HC55」(左)、「RP-HC31」(右) 「RP-HC55」(左)、「RP-HC31」(右)

-PR-企画特集