32V型で下げ止まりの兆候、サイズ別でみた薄型テレビ動向とメーカー勢力図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北京オリンピックを直前に控え、薄型テレビメーカーは各社とも「特需」を見込んだ最新モデル投入している。一方、価格の下落は各サイズで進んでいるものの、下げ止まりの兆候も見え始めた。そこで、「BCNランキング」を使って画面サイズを軸にした人気モデル動向や価格推移をまとめながら、サイズ別のメーカー勢力図を描いてみた。

 ●売れ筋サイズはやはり32-37V型、個室・1人暮らし用の20V型モデルも順調

 まず、液晶テレビやプラズマテレビ、有機ELテレビなども含めた薄型テレビ全体で、サイズ帯の売れ筋動向をみてみよう。4月の1か月間で販売台数シェアが最も高かったのは、人気の32型Vを含む30V型台。全体の40.1%を占めた。

【図表と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加