logo

Twitter、1500万ドルの資金を調達--米報道

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月23日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロブログサービスを提供するTwitterは、1500万ドルのシリーズB投資ラウンドを完了したようだ。GigaOMのOm Malik氏が述べている。

 Malik氏は、これにより同社の評価額は約8000万ドルになると見積もり、この投資ラウンドはUnion Square Venturesなどの既存投資家ではなく新しい投資家が主導したと述べている(Union Square Venturesもこの投資ラウンドに参加している)。CNET News.comは4月末、Twitterが1500万〜2000万ドルのタームシートに合意したと報じた。

 うわさでは、新しい主要投資家は、ボストンに拠点を置くSpark Capitalであるとされている。ある情報筋がCNET News.comに示唆したところによると、これは実際に可能性のある話だという。

 Twitterの評価はますます高まり、シリコンバレーからメインストリームの舞台へと徐々に進出してきているようだが、一方で、問題も残っている(オスカーを受賞した脚本家Diablo Cody氏が先ごろ発見した)。Twitterの日本語版だけに、広告が表示されているのだ。しかし、同社幹部らはまだ、利益モデルをなにも明らかにしていない。技術部門における人員交代が先ごろ行われたにもかかわらず、同社はまだ、サービス停止に悩まされている。確かにこれは世界的な大惨事になっているわけではないが、アクティブユーザーをいらだたせるには十分である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集