キヤノン、インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズに2モデルを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは5月14日、インクジェットプリンタ「PIXUS(ピクサス)」シリーズのラインアップを強化し、高品位なカラーインクジェット複合機「PIXUS MX 7600」と、画質を大幅に向上した小型・軽量のフォトプリンタ「PIXUS iP 100」の2機種を5月下旬に発売すると発表した。価格はいずれもオープン。

 「PIXUS MX 7600」は、最高解像度4800×1200dpiと最小インク滴2pl、5色インクによる高画質写真プリントを実現。高品位なテキストと美しい写真画質を普通紙で実現する新開発の「PgR」技術を採用。耐候性や耐水性に優れた顔料インクや、普通紙の表面全体に塗布することで高品位プリントを可能にするクリアインクを採用したほか、A4原稿を最大35枚まで積載可能な自動両面原稿送り装置(ADF)や、前面給紙カセットと後トレイも搭載する。

 メモリカードや携帯電話などからのダイレクトプリントに対応し、L判フチなし写真で約36秒の高速プリントが行える。このほか、スーパーG3対応の高速カラーファクス、自動両面プリント/コピー機能、有線LAN接続、光学解像度4800dpiのCISを利用したスキャナ機能など、多彩な機能を搭載する。本体サイズは幅500×奥行き535×高さ257mm、重さは約16.6kg。実勢価格は、6万3000円前後の見込み。

 「PIXUS iP 100」は、07年に発売したA4対応のコンパクトフォトプリンタ「iP90v」の後継機種。純正の染料インクと純正写真用紙の組み合わせにより、長期間にわたり写真の美しさを保つ「ChromaLife100」に加え、新たにフォトブラックインクを追加した5色インクシステムを採用し、最高解像度 9600×2400dpiと最小インク滴1plを実現。より豊かな階調表現と鮮明な高画質写真プリントが可能となった。L判フチなし写真で約42秒の高速プリントが可能。赤外線通信やBluetoothによる携帯電話やPCからのワイヤレスプリント機能も搭載するほか、バッテリー駆動にも対応する。本体サイズは幅322×奥行き185×高さ61.7mm、重さは約2.0kg。実勢価格は、2万7000円前後の見込み。

 両機種ともに、高速・高画質を両立する高密度プリントヘッド技術「FINE」を搭載。撮影された写真画像に対して顔検出とシーン解析を行い、その結果に応じて自動的に適切な補正を行う「自動写真補正」や、ダイレクトプリントの標準規格「PictBridge」に対応した「カメラダイレクト」などの機能も搭載する。

キヤノン=http://www.canon.co.jp/
「PIXUS MX 7600」
「PIXUS iP 100」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加