logo

グーグル、またもや米国で検索シェアを拡大

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年05月15日 08時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キーワードベースの広告が並ぶ可能性のある、膨大な数の検索クエリについて語っている場合、わずか0.01%の市場シェアでさえ、とりわけ検索市場では重大な意義を持つ。

 そしてこれこそが、米国内の2008年4月における検索市場の統計で、またもやGoogleが、主要な競合する企業からシェアを奪って成し遂げたことである。Googleは、3月の67.25%から、4月には67.90%までシェアを拡大した。一方、Yahooは、20.29%から20.28%まで、わずかにシェアを落としており、Microsoftも、6.65%から6.26%へとシェアを下げた。(米検索市場で)第4位のAsk.comは、4.09%から4.17%に、かろうじてシェアを増加させていると、Hitwiseは明らかにした。

Hitwise統計画像 提供:Hitwise

 同統計では、さまざまな業界分野へのトラフィック送信においても、Googleが主要な位置を占め、その役割を拡大していることが示されている。

 米国では4月に、医療および健康分野のインターネットトラフィックで、Googleは約31%のシェアを占めた。旅行分野では、Googleはインターネットトラフィックの23%を、ショッピングおよび広告分野では17%を、ニュースメディアの分野では15%を、エンターテインメント分野では15%を占めるに至っている。

 このすべての分野および他の分野でも、Googleは、他の競合する検索企業を抑え、シェアを拡大していると、Hitwiseは明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集