logo

ロケーションバリューがソフトバンクと資本提携--位置情報活用した携帯電話サービスで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロケーションバリューは4月14日、共同で携帯電話向け位置情報サービスを開発・展開することを前提に、ソフトバンクと資本提携したと発表した。

 ロケーションバリューは2005年3月の設立。アルバイト紹介サービス「おてつだいネットワークス」をはじめ携帯電話の位置情報を利用した各種サービスの企画および開発・運営を手がけており、2007年5月には、リクルート、三菱商事、ぐるなびとの資本提携をした。

 今回の資本提携では、ロケーションバリューの株主が所有する一部の株式をソフトバンクが譲り受けるとともに、ロケーションバリューがソフトバンクを引受先とする第三者割当増資を実施する。これにより、ソフトバンクはロケーションバリューの発行済株式の38%を取得する。

 ロケーションバリューは、携帯電話キャリアと連携することで、同社がもつ位置情報サービスのノウハウを最大限に生かした、より利便性の高いサービスが展開できるとしている。

 なお、コンシューマー向けサービスについては、引き続きキャリアを問わず位置情報サービスを提供していくとしている。

-PR-企画特集