マイクロソフト、ロボット開発プラットフォームの最新版を発表 - (page 2)

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦2008年04月10日 14時06分

 また、新版では、TCP/IP以外の通信方法でも同ソフトウェアを稼働させられる。そのほか、建物の見取り図をプログラムに読み込ませ、バーチャルな建物の中で動きをシミュレーションできるといった新機能も搭載されている。

 そして最後に、同ソフトウェアの名称も、新バージョンでは「Microsoft Robotics Developer Studio 2008」と改められる。Trowers氏によれば、Microsoftは今回、新たに「Developer」の1語を付け加えることで、開発者向けの製品であることが明確にわかるようにしたという。

 またTrowers氏は、Aldebaran Roboticsが、Microsoftのパートナープログラムに加わったことも明らかにした。Aldebaran Roboticsは、近々発表予定の人間型ロボット「Nao」のメーカーだ。これによりNaoはMicrosoft Robotics Developer Studioをサポートすることになり、開発者は同ソフトを使って、Naoの機能をカスタマイズできる。Microsoftによると、このパートナープログラムにはこれまで50社以上の企業が参加し、約20万人の開発者が同ソフトウェアをダウンロードしたという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]