logo

東芝、CELLベースのメディアプロセッサ「SpursEngine SE1000」サンプル出荷開始

永井美智子(編集部)2008年04月08日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月8日、高性能半導体「CELL」をベースに作られたメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を開始した。価格は1個1万円となる。

 SpursEngineはフルHD対応のMPEG-2およびH.264のハードウェアエンコーダ、デコーダと、SPEと呼ばれるプロセッサコアを4個搭載している。効率的な映像処理と低消費電力な点が特徴だ。東芝によれば、「高度なメディアストリーミング処理を、処理速度1.5GHz、商品電力は10W台で実現する」という。

「SpursEngine SE1000」 「SpursEngine SE1000」

 東芝ではSpursEngineをパソコンや家電などに向けて販売したい考えで、今後3年間で600万個の出荷を計画している。

 東芝はさらに、製品開発をする顧客向けにリファレンスセットの提供も開始する。SpursEngineを搭載したリファレンスボードと、基本ソフトからなるもので、リファレンスボードはPCI-Expressエッジコネクタを備え、デスクトップパソコンに接続して利用可能だ。ソフトウェアとしては、SpursEngine制御用プログラム、ライブラリ、統合開発環境、サンプルアプリケーションなどを備えている。

-PR-企画特集