logo

「iPhone SDK」ダウンロード数、10万件に--アップル発表

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月13日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、iPhone用ソフトウェア開発キット(SDK)について、押し寄せる多くの開発者への対応で公開当初こそ問題があったが、米国時間3月9日時点で10万人の開発者たちにダウンロードしてもらうことができたと発表した。

 Appleは6日、カリフォルニア州クパチーノの本社でイベントを催し、iPhone SDKを正式にリリースした。サードパーティーの開発者たちは、SDKを用いてゲームやビジネス用ソフトウェアをはじめとするiPhone向けアプリケーションの作成をAppleに正式に認められたことになる。

 公開初日頃には、iPhone向けアプリケーションの開発を希望する開発者の一部から、SDKの入手で問題が発生したとの声があがっていた。Appleは週末、「iPhone SDKへのアクセスまたはダウンロードでご不便をおかけした」ことを認める電子メールを登録済み開発者に向けて配信している。しかし、このアクセス超過は、初期の熱狂が冷めるとともに自然に解消されていった。

 Appleが12日に発表したプレスリリースでは、多くの開発者からのコメントが引用され、どのようなアプリケーションが開発中であるかが明らかになった。

 Intuit(TurboTax)、Namco Networks(Pac-ManおよびGalaga)、NetSuite(ERP/CRMソフトェア)、Six Apart(ブログソフトウェア)などの一部企業は、幹部のコメントをAppleの発表で掲載している。AOL、セガ、EA、Epocrates、Salesforce.comなどの企業は、各社iPhoneアプリケーションの初期版をイベントで披露していた。

 SDKはこのリンク先から入手できる。ベータ版SDKは無償でダウンロードが可能だ。しかし、SDKを利用したアプリケーションをリリースする場合、年間費用99ドルを支払いAppleの「iPhone Developer Program」に加入する必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集