logo

[レビュー]SSD搭載モバイルPC“究極のThinkPad”の実力に迫る--レノボ「ThinkPad X300」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レノボ
647818J
内容:ノートパソコンの定番「ThinkPad」。ファンは多いものの、地味な雰囲気に加えて重さや駆動時間などスペック面だけを見ると、一時ほどの勢いを失っていたように思う。そこに登場したのが、巻き返しを狙う革新的な一台、ThinkPad X300だ。

ピーチスキン塗装が復活、上面もすべすべ

  • ピーチスキン塗装のパームレスト

 スペック表には大きく書いていないが、長年にわたりThinkPadを使ってきたユーザーからすると、大きく2つ復活した装備がある。

 まずひとつは、トラックポイントのクリックボタンに赤と青のラインを復活させたこと。これにより、ボタンの視認性が以前に戻っている。

 さらに、デザインで復活したのはパームレストのピーチスキン塗装である。Xシリーズでは20番台まで装備していたが、X30からは無塗装のプラスチック地がむき出しのものになっていた。無塗装は塗装ハゲの心配がなくいい面もあったが、ピーチスキン塗装のあの手触りにはファンも多く、今回の復活を喜ぶ人も多いに違いない。

 また、同様の塗装は天板にも施されている。画面を開閉するときに、パームレストだけでなく、外装にもしっとりとした手触りを感じることができる。

 塗装といえば、通常、バッテリーなどのパーツは無塗装だったThinkPadだが、X300はすべて表面が塗装仕上げとなった。MacBookには及ばないが、裏面のデザインにも気を配った点が評価できる。

 従来モデルはつや消しのメタル地仕上げだったヒンジもX300は黒の塗装となった。塗装といえば、ヒートシンクのフィンについても、外から見える部分は黒く塗ってある。排気部分に銀色や銅色が見えているなんてこともなくなっている。

  • 天面には黒でlenovoのロゴが入るようになった

  • ThinkPadのロゴ。以前はIBM ThinkPadだったので、ロゴが入る切り欠きの形が変わっている

  • 復活した赤と青のライン

  • ヒンジも黒く塗られている

  • 給排気のフィンも黒く塗られている

  • パームレストのThinkPadロゴ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]