ネットイヤーがマザーズ上場、初値つかず6万4000円の買い気配で終了

永井美智子(編集部)2008年03月06日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネット業界の老舗企業、ネットイヤーグループが3月6日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。6万4000円の買い気配で、初値がつかないまま終了した。

 同社の公募・売出価格は3万2000円のため、初値は2倍以上の金額になりそうだ。

 ネットイヤーグループは1999年設立。ネットマーケティングにおける企画立案からサイト制作までを総合的に支援するSIPS事業が主力だ。

 直近の2008年3月期中間(2007年4〜9月)連結決算は売上高が15億2922万円、経常利益が1億5736万円、純利益が2億5万円。なお、前年比が分かる2007年3月期単独決算は、売上高が前期比58%増の25億3413万円、経常利益が同132%増の2億4427万円、純利益が同37%増の2億83352万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加