マイクロソフト、「Vista」小売価格の値下げを発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、福岡洋一2008年02月29日 20時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間2月28日、「Windows Vista」の複数エディションについて小売価格を下げるという驚きの発表を行った。

 米国でMicrosoftが値下げを行うのは上位エディションのみで、以前のVistaのエディションからアップグレードするケースが対象となるという。「Ultimate」が299ドルから219ドルに下がり、「Home Premium」は159ドルから129ドルに下がる見込みだ。

 Microsoftはまた、米国以外の先進国市場でも値下げを行う見通しだが、発展途上国の市場では、より多くのユーザーに正規品のソフトウェアを使用してもらいたいという意図から、「Home Basic」とHome Premiumでフルバージョンとアップグレード版の区別をなくし、フルバージョンに統合するという。

 アナリストも、このMicrosoftの動きには驚きを示している。

 NPD Groupのアナリストで、ソフトウェアの小売販売を追跡しているChris Swenson氏は、「これほどの大幅値下げは記憶にない。聞いたこともない話だ」と述べた。

 Windows Vistaが完成したのは2006年の終わりのことだが、MicrosoftがVistaを一般発売したのは、ようやく2007年1月になってからだった。同製品は、主にPC市場全体の強い需要に後押しされてこれまでに1億本以上を販売しているが、小売店における販売は「Windows XP」の初年度の販売を上回れず、数々の手厳しい批評を受けている。

 新しくWindowsのコンシューマープロダクトマーケティング担当バイスプレジデントに就任したBrad Brooks氏は、取材に応えて、Microsoftがここ数カ月にわたって値下げ販売をテストしてきたことを明らかにし、値下げによる減収は、費用を払ってエディションのアップグレードをしようとするPC購入者が増えることによる収入の伸びによって、十分以上に補えるとわかって驚いた、と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加