logo

東芝とサンディスク、NAND型フラッシュメモリ新製造棟を共同で建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝とサンディスクコーポレーションは、NAND型フラッシュメモリの需要拡大に対応するため、300mmウェハーに対応した新生産ラインの整備と新合弁会社の設立について基本合意したと発表した。

 新生産ラインは、三重県四日市市と岩手県北上市に2カ所で建設。09年春に着工し、10年の竣工を予定している。2棟の建設をほぼ同時に行うことで、能力増強の余地を拡大し、需要急増にタイムリーに対応できる体制を整える。また、将来の次世代メモリの速やかな量産立ち上げに備えることで、さらなる事業競争力強化を図る。

 新棟の生産能力の半分を合弁会社による共同生産ラインにあて、生産量を両社で均分。共同生産ラインの製造設備については、両社が折半で投資する。また、生産能力の残り半分は東芝が運営するが、その生産量の半分は受託生産とし、サンディスク社へ供給する。

-PR-企画特集