logo

IT業界を生き抜く処世術は「遊びは真剣に、仕事は遊び心で」(第10回: 宇佐美進典)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「やれば何とかなる」「大抵のことは小さなこと」――。

 1997年頃からIT関連サービスの起業家活動を始め、激しい競争を生き抜き、新たなサービスを意欲的に開発し続けるECナビ社長の宇佐美進典氏は、どこか達観した部分を垣間見せます。その一方で、「遊びは真剣に、仕事は遊び心で」との柔軟さも忘れません。

 悩んだり弱気な態度は見せず、いつも楽しげ。その反面、社内外ともにバランス感覚に優れ、大抵のことには順応してしまう。そんな“宇佐美流の仕事術”の極意は何か――。

 そのヒントは、学生結婚を決意した日のある心境の変化にあるようです。

※こだまんが下のビデオで本企画の趣旨を説明いたします。

「居心地の良い場所を抜け出たい!」

--まずは宇佐美さんのルーツを探るべく、ご出身から教えて下さい。

宇佐美氏 宇佐美進典(うさみ・しんすけ)氏:1972年生まれ。愛知県出身。早稲田大学商学部卒。トーマツコンサルティングを経て1999年にアクシブドットコム(現ECナビ=2005年10月に社名変更)を設立。取締役COOに就任し、2002年10月から代表取締役CEO。2005年11月にサイボウズと合弁でcybozu.netを設立し代表取締役CEO就任。リサーチパネル、サイバーエージェント、PeXの取締役も務める。

 僕は地図で見ると名古屋の右上にある三好町で生まれ、大学で東京に出てくる前まではここに住んでいました。その当時は田園風景が広がっていて、のんびりした環境でしたね。小学校時代はバスケ、中学に入ってからはサッカーに熱中していました。

--インターネットで調べたら、「宇佐美」というキーワードで東海中学・東海高等学校のコミュニティを見つけたのですが?

 そんなコミュニティあるんですか?そうなんです。東海中高でサッカー部に所属していました。その一方でゲームも好きでしたね。とはいえ、ゲーム機ではなくて、何故だか「PC8801-FR」というパソコンで遊んでいました。当時、レンタルゲームソフト屋さんが結構あって、あれは重宝しましたね。

 ただPCにどっぷりではありませんでしたね。なんとなく、自分には自分でPCを駆使してプログラムすることには才能がないという感覚があったような気がします。

--運動好きの活発な少年時代という印象を受けますね。大学は地元を選択しなかったのはなぜですか?

 名古屋は僕にとって、とても過ごしやすい街でした。だからこそそんな居心地の良い場所を抜け出て、新たな環境でやってみたいという気持ちは強かったですね。

 1年間浪人をして、下手な鉄砲数撃てばあたるという考えで、関西と関東の大学を受けました。早稲田大学は法学部、政治経済、商学部、社会学部を受験して、ひとつだけ受かった商学部に入ることになりました。

--大学に入ってからはどんな活動をしていました?

 テニスサークルに入りました。

--サッカー部からテニスサークルというのは、随分とイメージチェンジですね?

 大学に入ったらテニスサークルに入らないといけないんじゃないかと(笑)。92年ですからバブルの残り香がまだあった頃ですしね。

--奥様とはそこで出会ったのですか?

 妻も名古屋出身で、浪人時代に出会いました。妻も同じ大学です。すぐにサークルは辞めて、大学1年の9月に結婚をしました。

「自分は他の学生と同じような人生は送れない」

--学生結婚ですか。ケースとしては余り多くはないと思いますが。

 子供を授かりまして。子供は天からの授かり物といいますからね。

--なるほど。そうなると、ご家族からサポートがあるにせよ、大学1年でお父さんになり、環境も変化するので何かをやらねばと心境も変化しますよね?

 かなりアルバイトをやりました。バーの店員に事務や弁当売り。医学ボランティアで我が身を実験台にして、世のため人のために試薬を飲んだりとかも。あとは引っ越しなんかもやりました。一方で、大学2年から3年にかけては、会計の勉強もしていました。

--商学部ではゼミに入っていたのですか?

 僕は成績があまりよくなくて、「ゼミなしっ子」だったんですよ。学生の約9割方はゼミに入れるんですけどね。他の学生との会話で「お前何ゼミ?」「俺、ゼミなしっ子」と答えると会話が続かないんですよ(笑)。

--では、会計の勉強にはどのような狙いがあったのでしょうか?

 大学1年で結婚をした時に、「自分は他の学生と同じような人生は送れない」「大企業に入ってそこで出世を目指すような生き方は無理だろう」という思いを強く感じたんです。ですから、「自分で自分の人生を切り拓いていこう」と。

 とはいえ、卒業してすぐにベンチャー企業を興したり、学生の間に起業したりするビジネスプランもない。そう考えた時に、いずれ事業を起こすのに一番近い業界として、経営コンサルタントを目指すことに決めました。「経営コンサルタントになるために今できることは会計だ」という思いで勉強していましたね。

--その当時、学生時代から経営コンサルティングを手がける会社に入ろうという人は、あまり多くはないと思うのですが。

 大学3年の終わりになると、就職情報誌が送られてきますよね。その中で、コンサルティング業界をチェックすると、募集要項に「会計士であること」という明確な記載はありませんでした。「もしかして必要ない!?」と気づきまして、勉強はやめてしまいました。

-PR-企画特集