logo

iDでポイントプログラムなど会員サービスが手軽に導入可能に

松田真理(マイカ)2008年02月06日 19時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月7日より、後払い電子マネー「iD(アイディ)」の仕組みを活用して、独自のポイントプログラムや会員証などが提供できるサービスを開始する。

 このサービスは、おサイフケータイなどに搭載されたICチップ内のiDエリアに、加盟店独自の会員カード情報を搭載、もしくは新たにiDと同様のエリアを追加して利用する。これにより同社では、加盟店独自のポイントプログラムや会員認証、入退室管理といった本人認証が手軽に提供できるとしている。

 今後同社は、iDの機能追加を進め、iDの利用者および加盟店における利用価値を高めていく。

-PR-企画特集