logo

グーグル株価、6カ月半ぶりに500ドルを下回る

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年02月05日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの株価は米国時間2月4日の取引を、495.43ドルで終えた。同社の終値が500ドルを下回ったのは約6カ月半ぶりのことである。Googleの主な競合2社であるMicrosoftと米Yahooが合併を協議しているという報道を受けて同社株価は下落した。

 Googleの株価は、2007年11月には747ドルを記録し限りなく上昇していくように思われていた。しかし、市場の沈滞のなか、2007年末に下方基調となってから30%下落し、最高値の時から3分の1値を下げた。

 最近では、Googleが第4四半期決算を発表した後の1月31日午後に、同社株価は大きく下落した。同社の決算はウォールストリートの予測をわずかに下回っていた。同社株価は1日、MicrosoftがYahooに対する446億ドルの買収提案を発表した後にも下落した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集