logo

塗り変わるか、検索の業界地図--マイクロソフトがヤフーに買収提案

文:Larry Dignan(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年02月01日 22時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月1日、Yahooに買収提案したことを明らかにした。提示された買収総額は446億ドルにのぼる。Microsoftは、これにより市場シェアが拡大し、Googleにとって脅威になるとしている。

 声明によると、Yahooの株主たちは、現金かMicrosoftの株式を受け取ることができるという。

 Microsoftは株価低迷に悩まされてきたYahooの株主たちに、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案している。

 MicrosoftがYahoo買収を狙っているとの噂は何年も前から流れていた。今回の動きからは2つのことが明らかになった。まず1つ目は、さまざまな批判はあるものの、Yahooの資産はまだまだ有望と見られていること。そして、2つ目は、Microsoftが検索分野に本気で取り組もうとしていることだ。Microsoftは1年前にもYahooに買収話を持ちかけているが、今になっていっそうYahooに魅力を感じているようだ。

 Microsoftは、検索市場でGoogleに追いつこうと思ったら、大胆な行動に出る必要があることをよく心得ているはずだ。Microsoftは2007年にaQuantiveの買収を発表しているが、このことからも、最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏が少しだけ、OracleのCEOであるLarry Ellison氏のようなものの考え方をすることが分かる。2007年10月、Ballmer氏はMicrosoftがGoogleを打ち負かすことになると述べていた。

 Microsoftは、この戦いはスケールの問題としている。

 Ballmer氏は次のように述べている。

「われわれはYahooを高く評価している。一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる。この組み合わせより、それぞれの株主にはより大きな価値を、顧客と業界パートナーにはより良い選択とイノベーションを届けることができるだろうと信じている」

 MicrosoftのチーフソフトウェアアーキテクトRay Ozzie氏は次のように述べている。

「われわれの生活、われわれのビジネス、さらに、われわれの社会でさえもウェブにより次第に変化しつつある。そして、Yahooは、人を引きつける高いスケールのサービスとインフラを構築することで、パイオニア的役割を演じてきた。この2つの素晴らしいチームの組み合わせにより、われわれは、単独では成し遂げなかったであろう広範囲にわたる新しい体験を顧客に与えることができるようになるだろう」

-PR-企画特集