logo

「MacBook Air」登場--中型ディスプレイの薄型ノート時代の幕開けか - (page 2)

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、佐藤卓、小林理子、編集部2008年01月17日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pedionはほどなく悲惨な終わり方をしてしまったが、Pedionのアイデアの一部は今でも生きている。その1つが、中型ディスプレイを備えた薄型ノートパソコンというコンセプトだ。当時、ミニノートパソコンといえば、そのほとんどが小型ディスプレイと小型キーボードを搭載していた。ところが、Pedionは、当時としては大きい12インチのディスプレイと、普通サイズに近いキーボードを搭載していた。つまり、Pedionは、幅と奥行きは普通サイズで、厚みだけが薄かったのだ。これ以来、この種のノートパソコンは人気を博している。

 ノートパソコンメーカーはここ数年、15インチ以上のディスプレイを搭載したノートパソコンに大きく注力していたが、これからは11インチや13インチのディスプレイを搭載したノートパソコン市場が新たな戦場になると、ソニーでVaio担当プロダクトマネージャーを務めるXavier Lauwaert氏は予測する。こういったノートパソコンは、Pedionとほぼ同じサイズだ。

 Dellは最近になって13インチのディスプレイを搭載した軽量ノートパソコンを発売し、ソニーも「2008 International CES」で11インチと13インチのノートパソコンを披露しているが、このMacBook Airも同じカテゴリに入る。

 「これからは、薄さ、バッテリ駆動時間、それに性能と価格との兼ね合いをめぐって競争が繰り広げられる。どのメーカーもこの方向に進んでいくのは明らかだ」とLauwaert氏は語った。この種のノートパソコンでは、光学ドライブはオプションとなる。

 各メーカーは今後、薄型の筐体に使えるカーボンファイバーのような新素材を求めて、あちこちの化学研究所をまわることも必要となるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]