日立、液晶テレビの厚みを2cm以下に--プラズマも3cm台へ

永井美智子(編集部)2008年01月06日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は厚み2cm以下の液晶テレビと、3cm台のプラズマテレビをそれぞれ開発した。1月7日(現地時間)より開催される米家電展示会のCES 2008で披露する。

 液晶テレビは厚みが0.75インチ(約1.9cm)。国内では2007年12月より、最薄部が3.5cmの超薄型液晶テレビ「UT32-HV700」を販売しているが、それよりも1cm以上薄い「“超”超薄型液晶テレビ」(日立)となる。

 プラズマテレビは厚みが1.5インチ(約3.8cm)。「現在あるプラズマディスプレイに比べて、3分の1の厚みだ」(日立)と胸を張る。

 いずれもCESの目玉製品として展示する予定で、発売時期については明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加