logo

【開発者インタビュー】ソニー/XEL-1--有機ELテレビがテレビの世界を変えていく - (page 4)

インタビュー・文:鈴木桂水2007年11月30日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格20万円は本気で有機Elを普及させたいソニーの意気込み


--有機EL搭載のテレビが求めやすい価格になるのはいつぐらいでしょうか?

酒井 それは難しい質問ですね。液晶テレビなどは大きさに比例して高くなる、解像度が上がるほどに高くなるという計算式があるのですが、有機ELには独創的な技術が注ぎ込まれており、その価値は高い。ですからまだ、経年によって安くなるようなものではないと思います。

白石 安い、高いの根拠はどこまで自分たちの思っていることを伝えられるか? という部分にあると思います。XEL-1には膨大な開発力とソニーの持つあらゆる技術が詰まっています。

 もし仮にそれらの開発コストをそのまま価格に反映させたとするなら、もしかすると50万円や100万円の製品になっていたかもしれない。しかしそれでは、有機EL搭載テレビというジャンルはたった1世代で終わってしまう。しかし20万円という価格なら、すこし手を伸ばせば購入できる価格ではないでしょうか? 多くはお話しできませんが、この価格は本気で有機ELをテレビのデバイスとして普及させようという我々の意気込みだと思ってください。

有機ELパネル 有機ELパネル。パネル自体は1mmという超薄型で構造もシンプルだ

100万:1のコントラストだから再現できる美しさ


--XEL-1で有機ELならではと感じられる映像はありますか?

酒井 暗いシーンでの表現力は素晴らしいですね。影になる部分でもしっかりと輪郭を判別できます。コントラスト値の高さがあらわれています。画面が明るいのも特徴的です。ある映画でカメラのフラッシュの光がまぶしいほどに明るくて驚きました。

白石 液晶付きポータブルDVDプレーヤーと並べるとよくわかりますが、XEL-1はHD素材ではない、DVDもキレイに見えます。これはハイコントラストであることが理由です。

 XEL-1のコントラストは100万:1で、これだけのコントラストを得ることは液晶やプラズマでは難しいでしょう。テレビの美しさは解像度でばかり語られがちですが、コントラストもとても重要なスペックです。

 コントラストが高いと、解像度のハイスペックさを上回るイメージで美しく見えます。ですからデジタル放送、DVDなど入力ソースにこだわらずに美しい映像を楽しめるんです。

 例えば雨粒にライトが当たるようなシーンだと、雨の一粒、一粒に光が反射するのを見事に再現します。そんなリアルな質感を表現できるのもコントラストが高いからです。

XEL-1 薄型の有機ELパネルを使用したからこそ作れたこのスリムデザイン。モニタとチューナー部をつなぐポールを片側に寄せた“型破り”なデザインを採用することで、究極のフローティングデザインを実現した

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]