3Di、日米中3カ国の企業で業務提携--中国製の仮想空間「HiPiHi」の競争力を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ngi groupの100%子会社である3Diは11月20日、仮想空間「HiPiHi」を運営する中国のHiPiHiおよび仮想空間の制作を専門に手がける米国のCentricと、HiPiHiの競争力強化を目的として業務提携を行うと発表した。

 HiPiHiは、ngiがリードインベスターとして投資を実施している、3Dインターネット分野のプラットフォーム提供事業者。

 Centricは、米国とアジアを中心に、ソーシャルメディアや仮想空間に関するコンサルティングや制作を行う会社。SFライター、シナリオ作家、ゲームデザイナー、映画製作者など多彩な経歴を持つスタッフを有し、米国での事業展開を進める一方で、上海、東京に拠点を開設し、アジアへの展開に注力している。

 今回の提携により、3Diは技術開発ノウハウなどからHiPiHiの技術面を支援し、Centricはクリエイティブおよび制作のノウハウを提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加