logo

動画共有サイトに関する調査--90%以上のユーザがYouTubeを利用

Webマーケティングガイド2007年11月19日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、動画共有サイトに関する調査を行った。

 動画共有サイトといえば、2006年頃からウェブ上で話題となり、2007年6月には日本語版が登場するに至ったYouTubeを思い起こす方が多いのではないだろうか。 しかし、最近ではYouTubeのAPIを活用したサービスがいくつも登場し、動画上にテロップを挿入することができるニコニコ動画なども人気を博している(ニコニコ動画も当初はYouTubeのシステムを利用していたが、現在は独自のシステムを使っている)。

 Webマーケティングガイドでは、利用が拡大傾向にある動画共有サイトについて、上・中・下と3回にわたり、ユーザーの利用実態、そして今後の動向を明らかにしていく。 第1回目(上)の今回は、動画共有サイトの利用経験、利用しているサイト、そして動画のジャンルなど、動画に関する全般的な内容を明らかにしていく。

≪調査結果サマリー≫

  • 動画共有サイトの利用率は約60%
  • 最も利用されているサイトはYouTubeで、ユーザーの90%以上が利用している
  • 最も視聴されているのは日本のテレビ番組
  • 今後の利用意向では、国内だけでなく国外映画も高い支持を得ている

 今回の調査対象は、16歳〜59歳までの男女500人。 男女比は50対50の均等割り付けを行なった。

 まず、Q1では動画共有サイトの視聴経験を尋ねたところ、動画共有サイトを「閲覧のみしたことがある」と回答したユーザーが最も多く56.0%。次いで、「動画共有サイトを利用した事がない」の28.4%、そして「動画共有サイトを知らない」の12.4%が続く結果となった。

動画共有

 調査概要は異なるが、「インターネット白書2007」が発表した動画共有サイトの視聴データ果と比較すると、どれほどのスピードで動画共有サイトが広まっているのかをうかがい知ることが出来る。 インターネット白書2007によれば、2007年3月時点での動画共有サイトの利用率はわずか18.7%であり、利用検討層を含めても20%強という水準であった。 しかし、約9カ月後に行った今回の調査では、動画共有サイトの利用率は3倍以上の59.2%となっており、インターネットユーザーの中に動画共有サイト、もしくは動画の視聴という習慣が根付き始めているのはないかと考えられる(※1)。

 ただし、「閲覧も投稿もしたことがある」というユーザーはわずか3.2%となっている。 この結果からもわかるように、ユーザーの傾向はあくまでも「プル型」であることが伺える。動画共有サイトの運営者は、ユーザーのこの特性をどのように位置づけるかが問われていくのではないだろうか。

(※1)インターネット白書2007が行った調査と本調査では、調査対象やそのサンプル数など、調査概要が異なるため、参考値としてご覧頂きたい。

 Q2では、Q1で動画共有サイトを利用したことがあると回答した296人のユーザーに対してその利用サイトを尋ねた。 その結果、「YouTube」と回答したユーザーが圧倒的に多く91.9%、続いて「ニコニコ動画」の25.3%が続く結果となった。

動画共有2

 冒頭でも述べたように、動画共有サイトの先駆者はYouTubeであるといえるが、日本で言えば、「Gyao」という動画配信サイトのサービスインがYouTubeの浸透にも大きく寄与しているのではないだろうか。 というのも、YouTubeがブロガーの間でささやかれ出したのは2006年であるが、その時点(6月)でGyaoの視聴登録者数は1000万人を突破しており、ユーザーの中にパソコンで動画を見るという習慣が形成されつつあったと考えられる。 ウェブ上で動画を見るというその習慣があったからこそ、YouTubeやニコニコ動画に代表される動画共有サイトの盛り上がりが生まれたのかもしれない。

 ニコニコ動画の会員数は2007年10月時点で340万人を超え、ネットレイティングスが調査したところによると、ユーザーあたりの利用時間はYouTubeの3倍にもなるという。
(参照:「2008年9月期には単月黒字化する」--数値で見るニコニコ動画の強さ」)

-PR-企画特集