ニコニコ動画、JASRACと管理楽曲の利用許諾に向けた協議を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニワンゴは10月30日、動画投稿サイトにおける楽曲の利用について、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と協議を開始すると発表した。

 対象となるのは、自社が運営する「ニコニコ動画(RC2)」と、ニコニコ動画に対して閲覧用動画を供給している動画投稿サービス「SMILEVIDEO」における、JASRAC管理の楽曲。ニワンゴはJASRACの示す許諾条件に同意し、2007年内の暫定許諾に向けて協議する。

 ニコニコ動画ならびにSMILEVIDEOでは、これまでも投稿される動画に対して権利を保護するため、権利保護システムを開発し監視体制を強化してきた。また、利用者への啓蒙活動を行うため、権利者やコンテンツホルダーなどと協議を進めてきた。今回、JASRACと協議を重ねた結果、権利保護および権利侵害防止に係るニワンゴの姿勢と具体的な施策などが評価されたとしている。

 なお、エイベックス・グループをはじめとする権利者やコンテンツホルダーから、正式に許諾を受けた動画に関しては、近日中にニコニコ動画内で試験配信を開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加