アッカ・ネットワークス、横浜の日本大通りで電子ペーパーの利用実験

松田真理(マイカ)2007年10月02日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アッカ・ネットワークスは10月1日から5日間、神奈川新聞社およびイーストと共に、横浜の日本大通りで電子ペーパーの利用実験を行う。

iLiad 電子ペーパー端末「iLiad」。ディスプレイサイズは8.1インチだ

 これは、アッカが日本大通り活性化委員会と共同で行っているモバイルWiMAXおよび無線LANの実証実験の一環。無線ブロードバンド環境での電子ペーパーの利用検証を目的としている。ビル屋上の基地局にあるWiMAXアンテナから送信したデータを、日本大通りにあるカフェに設置されたWiMAX用モデム、無線LAN用モデムが受信。電子ペーパー端末「iLiad(イリアッド)」にデータを送信し、利用者はiLiadに表示された神奈川新聞の紙面を読むことができる。

 今回の実験によって、WiMAXおよび無線LANのネットワークによる無線ブロードバンドを活用した具体的なサービスの事業性および課題を検証すると共に、WiMAXおよび無線LANのネットワークと電子ペーパー端末の動作検証を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加