logo

電気通信・CATVは売上高プラス、民間放送はマイナス--総務省調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省はこのほど、通信産業の経営動向を把握することを目的に行っている「通信産業動態調査」の速報値を発表した。

 調査の結果、電気通信事業者、およびケーブルテレビ(CATV)事業者は、売上高見通し指数、業況見通し指数ともにプラス。一方、民間放送事業は、ともにマイナスとなった。

 また、2007年度第2四半期と第3四半期の資金繰り見通し指数では、電気通信事業、民間放送事業は両期ともプラスとなり、資金繰りに余裕のあると判断した事業者が多かった。CATVは、両期ともにプラスとなり、前期調査のマイナスから改善した。

 同調査は2007年7月、電気通信事業者、CATV、民間放送事業者133社を対象に実施し、105件の回答数が得られた。

-PR-企画特集