logo

7千億円の預金獲得目指す…住信SBIネット銀開業へ

FujiSankei Business i.2007年09月12日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住友信託銀行と総合金融グループのSBIホールディングスは11日、共同出資で設立するインターネット銀行の営業を24日から始めると発表した。新銀行の名称は「住信SBIネット銀行」。2010年3月期に40万口座、7000億円程度の預金獲得を目指す。

 11日に金融庁の予備審査が終了し、今後、営業免許の取得を受け、営業を開始する。

 資本金は200億円で、両社が50%ずつ出資する。本店は東京・六本木に置き、社長には住信出身の田中嘉一氏が就任する。

 事業内容はインターネットや携帯電話などを使い、円・外貨預金や住宅ローン、カードローンなどを提供するほか、振り込みなどの資金決済サービスも手掛ける。

 住信が持つ融資や資産運用などのノウハウと、SBIのネット金融の強みを活用し、開業から3期目にあたる10年3月期に単年度黒字化を図り、12年3月期には最終利益50億円の確保と、累積損失の解消を目標にしている。

-PR-企画特集