ALBERT、シーエー・モバイルと資本提携しモバイル市場へ参入

浅賀美東江 瀬井裕子(編集部)2007年09月11日 20時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ALBERTは9月11日、シーエー・モバイルを引き受け先として、第三者割当増資を実施した。シーエー・モバイルと協業し、モバイル分野での展開を狙う。

 第三者割当増資により調達したのは1000万円。500万円を資本金に、残りの500万円は資本準備金とした。増資後の資本金は1億5700万円となる。調達した資金は、携帯電話向けのサービス開発に充当。独自に開発してきたリコメンデーション技術を、モバイル市場向けに拡大していく。

 今後、シーエー・モバイルと「シーエー・モバイルのモバイルコマース事業でのリコメンデーションエンジンの活用」、「モバイルサービス事業者への、リコメンデーションエンジン供給事業での連携」の2分野において、具体的な協業内容を検討する。

 ALBERTは、独自開発の技術を核としたリコメンデーションエンジン「Bull's eye」や、独自に開発したファジィ検索システム「FSS」、イメージ検索システム「ISS」などを、ECサイトやメーカーが運営するウェブサイトに提供。カタログ通販のニッセンと、マーケティングリサーチ&コンサルティングのインタースコープ(現ヤフー・バリュー・インサイト)のジョイントベンチャーとして2005年7月に設立した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加