logo

新「iPod」は小型コンピュータ?--Mac OS導入でアップルのモバイル機器戦略は変わるか - (page 3)

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、藤原聡美、長谷睦2007年09月05日 21時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、「It's Showtime」と銘打たれた2006年の9月のイベントの直前から、iPodのファンがずっと求めているワイドスクリーンを備えた真のビデオプレーヤーが、ようやくAppleから登場することになる。いろいろ言っても、モバイル・エンターテインメントこそがiPodのスイートスポットなのだ。

 ただし、ここまでの急激な変化をAppleがまだ望んでいない可能性は十分にある。Jobs氏はシンプルさと美しさを重んじる人物で、iPodの魅力の大部分は、1つ(もしくは2、3)のことを、見事にこなしているところにあるからだ。

 そうだとしても、Mac OS Xを搭載する新しいiPodは、モバイルコンピュータのあるべき進化の方向性を業界や消費者に示すような、魅力的なデバイスである可能性はある。Ultra-Mobile PC(UMPC)のように、出だしにつまづくことは避けるはずだ。UMPCは、バッテリを食うPC向けOSを採用し、ポケットには入らないサイズで、1000ドル近い価格だったことが災いし、消費者からは(よく言って)生ぬるい関心しか集められていない。

 ソニーの「PlayStation Portable」(PSP)やArchosの動画プレーヤーなど、同じようなことをやろうとしている機器はほかにもある。しかし、iPodは四半期で1000万台以上、2006年のクリスマスシーズンには約2100万台もの販売実績を記録している。このように、Appleは地球上で最も幅広く利用されている手のひらサイズのガジェットとして、iPodを定着させた実績がある。

 iPodが小さなコンピュータ並みの機能を持つようになったとしたら、果たしてどうなるのだろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]