logo

「Google News」、オリジナル記事のみ表示に--APやAFPの記事は直接掲載

河部恭紀(編集部)2007年09月03日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月31日、同社ニュース検索サービス「Google News」で、ニュース配信元のオリジナル記事を簡単に表示できる機能を追加したと発表した。

 同社ビジネスプロダクトマネージャーのJosh Cohen氏が、同社ブログで明かしたところによると、同機能により、同一の記事が複数のニュースサイトに転載されている場合でも、重複する記事が検索結果から省かれ、オリジナル記事のみが表示されるという。

 Googleでは、重複記事の削除により、異なる視点を持つより多くの記事が検索結果として表示されることを期待している。

 また、Cohen氏は、Associated Press(AP)、Agence France-Presse(AFP)、UK Press Association、Canadian Pressなどの通信社の記事をGoogle Newsで直接ホスティングすることも明らかにした。

 これらの通信社では、コンテンツ掲載用のウェブサイトを一般向けに持っていないため、Google Newsからのトラフィックによる恩恵を得ることができなかった。そのため、これらの通信社の記事をホスティングすることをGoogleでは決定した、とCohen氏はブログで説明した。

 AFPは2005年3月、ヘッドライン、写真、要約記事がGoogleのニュースサイトに無断で掲載されていると主張し、1750万ドルの損害賠償支払いを求めて著作権侵害でGoogleを提訴していた。しかし、2007年に入り、両社はライセンス契約を交わしている。その結果、Googleは、ニュース記事や写真を含むAFPのコンテンツを自社のGoogle Newsアグリゲーターを含む各種サービスに掲載可能になっていた。

 また、APも2006年、同社のニュース記事と写真の利用に対して対価を支払うことで、Googleと合意していたことが明らかになっている。

-PR-企画特集