IBM、SOAを巡るマイクロソフトの姿勢を批判 - (page 2)

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部2007年08月09日 16時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MSのOOXMLは現在も独自仕様?

 MicrosoftとIBMは、XML標準を巡る争いを続けてきた。Microsoftは、自社で元々開発されたOffice Open XML(OOXML)を推奨している。

 Microsoftは、OOXMLがISO標準として承認されることを求めている。OOXMLは、標準化団体のEcma Internationalによって承認されたため、現在はEcma標準であり、Microsoftの独自仕様ではないとの主張を、Microsoftは展開している。

 Microsoftは、IBMと共に、Ecmaに参加している主なテクノロジ企業である。しかしながら、IBMは、ISO標準であり、オープンソーススタンダードであるOpenDocument Format(ODF)を採用し、推奨している。OpenDocument Format Alliance(ODF Alliance)やオープンソースコミュニティに属する他の多くの団体は、OOXMLはMicrosoft独自の仕様であると批判している。

 Mills氏は、SOAにおける、さらなるIBMとMicrosoftの違いについて、IBMは、在庫管理やトランザクション処理のオートメーションに対して、縦のアプローチを取っており、水平のスムーズな連携プロセスを実現している点も挙げている。

 本稿執筆時点において、Microsoftからコメントを得られていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]