MS、エルゴノミクスデザイン採用で疲れにくいワイヤレスキーボードとマウスのセット

エースラッシュ2007年08月06日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月6日、快適性と疲れにくさを重視したエルゴノミクス(人間工学)デザインのキーボードとマウスのセット製品「Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000」を、8月31日より発売すると発表した。

 今回発売されるNatural Ergonomic Desktop 7000は、従来製品「Natural Ergonomic Keyboard 4000」の2.4GHzワイヤレスバージョンだ。キーボードは、14度の傾斜をつけたスロープ形状、手と手首を自然な位置に保てるキー配置、取り外し可能なパームリフトなど、長時間使用しても疲れにくいエルゴノミクスデザインを採用。マウスには毎秒6000回という高速スキャンが可能な解像度1000dpiの高解像度レーザーテクノロジを採用しているほか、無線方式も27MHzから2.4GHzへとアップグレードされている。

 対応OSはMicrosoft Windows Vista、XP Professional、Professional x64 Edition、Home Edition、Media Center Edition、Tablet PC Edition、Windows 2000 Service Pack 4、Mac OS X 10.2.x〜10.4.xで、3年間の製品保証付き。メーカー希望小売価格は税別1万2800円となっている。

「Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000」 「Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加