~現場に聞く!~ビジネスPC導入で気になる13の疑問 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートの疑問

Q.8--実際にパソコンが壊れたときのサポート方法はどうなっていますか? 会社まで直しに来てくれるのでしょうか?

ソニースタイル・ジャパン株式会社 B2B 企画推進部 ビジネス企画課 統括課長 大西和宏氏氏

A. オンサイト修理サービスにご加入いただいていれば、最短で翌日に出張修理にうかがいます。

 ソニースタイルでは、修理には一般的な引き取り修理サービスと、オンサイト修理サービスをご用意しています。最近はオンサイト修理のご依頼が増えていまして、パソコンが使えない期間の『ダウンタイム』を短くしたいという理由のほか、お客様の情報管理・セキュリティの観点から、自分の手元で修理してほしいというご依頼が増えています。

 たとえばパソコンが壊れた場合、通常は引き取り修理をしますが、この輸送途中の紛失や盗難を気にされるお客様も多く、出張サービスであればお客様の手元までサービスマンがおうかがいしてその場で修理しますのでご安心いただけます。

 実際の修理のご依頼は、製品本体や同梱書類に記載があります『VAIOビジネスクライアントサポートデスク』にお電話ください。最短で翌日、修理におうかがいできます。まずはお電話で症状をお聞きして、不具合はどこなのか、原因の特定を行います。たとえば、『メモリの不具合だ』『ディスプレイが壊れている』など具体的に特定をし、先に部品をお客様のところへお届けした上で、サービスマンがおうかがいする形になります。このお電話での聞き取り調査でほとんどの場合は原因を特定しますので、実際にサービスマンがおうかがいしても結局直らずに持ち帰る、というケースはほとんどありません。

 これらのオンサイト修理は、購入するときに選んでいただくオプションのサービスです。通常は、引き取り修理になりますので、設置場所でのオンサイト修理をご希望のときは、あらかじめご購入時に『オンサイト<ベーシック>』または『オンサイト<ワイド>』をお選びください。

オンサイト修理サービスは、最短、翌日修理できる充実のサービス。法人での利用なら、購入時にぜひ検討したい

Q.9--来週の出張に必要!という場面で、壊れてしまいました。すぐに必要なのですが、対応方法はありますか?

A. 申し訳ありませんが、通常のメニューとしては代替機のご用意はありません。

 オンサイト修理サービス(出張修理)であれば、ほぼ翌日におうかがいして修理できますし、引き取り修理の場合も、機種の状態にもよりますが約1週間程度で修理できます。

 ただし、どうしてもお困りの場合は、製品本体や同梱書類に記載があります『VAIOビジネスクライアントサポートデスク』にお電話いただければ、なにかしらご提案はさせていただけるかと思います。

Q.10--手をすべらせて、ノートパソコンうっかり落として壊してしまいました。無料サポートの対象になりますか?

A. ワイドであれば対象になります。VAIOを外に持ち歩いてアクティブに活動されるお仕事の方には、保証の充実したワイドをおすすめします。保証範囲が広く、何かあったときに無償修理になるのでそれ以上の出費がないので安心です。

 実際、VAIOを外に持って出られる方、たとえば製薬業界のMRの方やジャーナリストの方など、毎日持って歩くとどうしてもぶつけたり、落としてしまうことも多いようで、ワイドの保証を選ぶ方が多いですね。最近は特にtype Gも頑丈には作っているのですが、壊れない保証はどこにもないので、<ワイド>をおすすめしたいです。

 <ワイド>なら、お客様の手が滑って落下してしまった場合や、キーボードにコーヒーをこぼしたり、水の中に落としてしまったなどの水濡れの場合のほか、火災や水害で被害を受けられた場合なども対象になり、無償で補償が受けられます。オンサイト修理は必要ないけれど<ワイド>には加入したいという方には、『3年間保証サービス<ワイド>』がおすすめです。

3年保証サービス詳細
http://www.jp.sonystyle.com/Guide/Three_y/index.html
http://www.jp.sonystyle.com/Guide/Three_y/Vaio/index.html
VAIOを持ち歩いて使われる職種の方には、補償内容が幅広い<ワイド>がおすすめ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]