logo

ウェブアプリをネットワークの制限から開放するGoogle Gears

永井美智子(編集部)2007年07月20日 15時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブアプリケーションのあり方を変える可能性を秘めた新技術として、これまでAdobe Systemsの「Adobe Integrated Runtime」(AIR、開発コードはApollo)、Microsoftの「Windows Presentation Foundation」(WPF)の基本を押さえてきた。最終回となる今回は、Googleの「Google Gears」を見ていこう。

 Google Gearsは、ウェブアプリケーションをオフラインでも動作するようにする、ブラウザのプラグインだ。オフライン時はクライアントにデータを保存し、オンラインに戻ったときにはPCとサーバのデータを同期することで、ユーザーはシームレスにウェブアプリケーションを利用できる。地下鉄の中や無線LANが使えない建物などでも、オフィスにいるときと同じようにノートPCでウェブメールやRSSリーダー、グループウェアが利用できるようになると想像してもらえれば、その利便性が理解していただけるだろう。Google Gearsは、以下の3つのモジュールで構成されている。

  • ローカルサーバ:HTMLやJavaScript、画像など、ウェブアプリケーションに必要な要素をクライアントに提供するモジュール
  • データベース:ウェブアプリケーションで利用するデータをクライアントに保存するモジュール
  • ワーカープール:サイト上であるスクリプトが動いている場合でも、別個にJavaScriptを動かすためのモジュール。例えばGoogle Gears対応のウェブアプリケーションがデータをサーバと同期している間にも、別のスクリプトを動かすことが可能になる

 ただ、Google Gearsは単体では意味をなさない。ウェブアプリケーション側がGoogle GearsのAPIを利用してオフライン対応することで、初めてユーザーにとってのメリットが生まれる。

 では、ウェブアプリケーションの開発者は、具体的にどんなことをする必要があるのだろうか。1つは、ウェブアプリケーションを動かすために必要なデータを、クライアントに保存する部分の開発だ。Google Gearsに対応しているRSSリーダー「Google Reader」の場合、Google GearsをインストールしたPCでアクセスすると、右上に緑色のボタンが現れる。ユーザーがこれをクリックすると、自動的に最大2000件のフィードをクライアントに保存する。こういった挙動をウェブアプリケーションに追加する必要がある。

Google GearsをインストールしたGoogle Reader Google ReaderではGoogle Gearsをインストールすると画面右上に緑色のボタンが現れる(赤枠線内を参照)。これを押すと、サーバから2000件のフィードデータをクライアントに保存し、オフラインモードに入る

 2つめは、ウェブアプリケーションがクライアント内のデータベースを参照しにいく仕組みの開発だ。通常ウェブアプリケーションはサーバ側のデータをクライアントのブラウザに表示するが、これをオフライン時はクライアントに保存されたデータを参照しにいくようにする必要がある。Google Readerであれば、オフラインの間はクライアントに保存された2000件のフィードを表示するといった具合だ。

 3つめは、クライアントが再びネットワークにつながった時点で、サーバ側とデータを同期する仕組みの開発だ。Google Readerの場合は、既読情報やフィードに付けたタグなどを同期することで、オフライン、オンラインのどちらでも同じ環境を実現している。

-PR-企画特集