logo

具体化するマイクロソフトの「Cloud OS」 - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月13日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 当時、Ozzie氏はCNET News.comのインタビューに答え、「この分野に関して現時点では発表することは何もない。だが、われわれが何らかの開発を進めていることは確かだ」と語っていた。

 6月の終わりごろ、Microsoftは2つの新しいWindows Live Servicesを投入した。1つは写真共有用で、もう1つはあらゆるタイプのファイルを扱うものとなっている。これらのサービスは、現在Microsoftから直接提供されているが、Microsoftが開発者向けにも提供を約束するタイプのものでもある。

 Microsoftが公開を予定するアプリケーションやインフラコンポーネントとしてはほかにも、アラート、コンタクト管理、コミュニケーション(メールおよびメッセンジャー)、そして認証がある。

 Hall氏は、「Windows Liveはパートナーのためのプラットフォームとして用意されたものだ」と語っている。ただ、現時点では正確には違う。Microsoftでは、「Virtual Earth」サービスなど2つの部品を一般に提供している。ほかのコンポーネントについては、まだ一般もしくは限定テスト段階であったり、開発者に提供されていなかったりするものもある。たとえば、インスタントメッセージングがテスト用に開発者に公開されるのは10月になる。

コンピュータサイエンスの大きな課題

 Microsoftが直面している大きな課題の1つが、サービスへのアクセスに使うのが電話でもPCでも、ファイルの保存場所がローカルでもネット上でも開発者がコードを書けるツールの開発だ。

 Hall氏は、「これらすべてをうまく抽象化し、デバイスの検知および管理方法やデバイスのアクセス方法を抽象化し、これを開発者に対して透過的に行うことはコンピュータサイエンスの大きな課題だ」と語っている。

 Hall氏はこれを初期のころのWindowsにたとえている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]