MS、Windows Live OneCare 2.0のベータ版を公開

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年07月12日 17時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftはWindows Live OneCare 1.5の最終版リリースから7カ月後の米国時間7月11日に、「Windows Live OneCare 2.0」のベータ版を公開テスト用としてリリースした。既存のWindows Live OneCare 1.5のリリースでは、(セキュリティ上の脅威とマルウェアを取り扱う)「Protection Plus」に加え、「Performance Plus」や「Backup and Restore」が含まれている。今回のリリースでは、家庭向けのネットワーキングツールが追加されている。

 大半の家庭のネットワークには平均2.5台のコンピュータが接続されていることを考慮して、標準的なOneCareライセンスでは3台までのPCにインストールできるようになっている。OneCare 2.0では、1つのネットワークハブ内にあるさらに2台のPCのセキュリティを監視する機能が追加されている。また、OneCare 2.0では、OneCareで保護されているPC間でプリンタを共有するよう設定することもできる。さらに、Windows Firewall内にネットワーク層での保護を追加することで、家庭環境に最適な設定を検知し、ノートPCを持って外出し、公共のネットワークに接続した際にはこういった設定が変更されるようにすることができる。OneCare 2.0では、家庭の無線ネットワークにおけるセキュリティの設定および維持を行うためのネットワークウィザードも提供されている。あなたのルータがOneCareでサポートされているものであれば、ルータに接続されているPCの暗号化通信をOneCareを通じて有効化することができる。

 OneCareにおけるPCのパフォーマンス強化については、プリントキューの中で滞っているプリントジョブをクリアしたり、外部から改ざんされたホストファイルを修復したり、「System Restore」が無効化されている場合にそれを有効化するといった機能が提供されている。また、「Start Time Optimizer」は、Startフォルダのアプリケーションを調べ、使用実績からどのアプリケーションを安全に削除できるかを判断するものだ。

 OneCareのバックアップ機能の強化として、家庭内のネットワークに接続されたコンピュータの1つにバックアップを集中させることが可能になった。Microsoftは現在、同社の「Live.com」サービスを通じて行うオンラインバックアップをテスト中である。最初に提供される機能は、オンラインデジタル写真を保存するものとなるだろう。Norton 360とは異なり、Microsoftのサービスは無償ではなく、提供されるストレージ量はまだ決定されていない。OneCare 2.0における他の変更点として、すべてのOneCareアクティビティの月次レポートと、64ビット互換性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加