logo

NTTコムが「マスターID」と「gooID」を連携、認証を一本化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズとNTTレゾナントは7月2日、「マスターID」と「gooID」の連携を7月3日より開始すると発表した。

 マスターIDは、OCN会員などNTTコミュニケーションズのコンシューマ向け各種サービスを、希望のIDとパスワードで統合認証できるプラットフォーム。また、gooIDは、NTTレゾナントのインターネットポータルサイト「goo」上で提供する各種ウェブサービスの会員ID。

 この連携により、マスターIDユーザーは、マスターIDによる1度のログインでgoo会員向けサービスの利用も可能になる。マスターIDユーザーの利便性向上により、gooサービスの利用機会拡大を図る。また、gooIDによるマスターID対応サービスへのシングルサインオンも同時に実現する。

 なお、この連携はNTTソフトウェアのTrustBind/Federation Managerの基盤プロダクトである「I-dLive」の導入により運用される。両社はマスターIDとgooIDで利用可能なサービスを順次拡大していくとともに、各サービス間のシナジー効果を創出する新たなビジネスモデルを構築し、今後も魅力あるサービスを提供するとしている。

-PR-企画特集