キータッチは重め、軽めどちらがお好き?--カスタマイズ可能なキーボード登場

坂本純子(編集部)2007年06月28日 23時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通コンポーネントは、キー荷重を調整できるカスタマイズ性を備えたキーボード「リベルタッチ(Libertouch)」FKB8540シリーズの販売を開始した。

“専用のキートップ引き抜き工具でカスタマイズできる 専用のキートップ引き抜き工具でカスタマイズできる

 打鍵したときのキーと指の一体感にこだわった高級志向のキーボードで、ピーク荷重、荷重の減少率、入力される位置の3項目を最適化したという。実売価格は1万8000円前後の見込み。

“計3種類の交換ラバーで好みのキータッチに調節できる 計3種類の交換ラバーで好みのキータッチに調節できる

 購入時には、すべて標準の入力荷重となる約0.44N(約45g)の設定となっているが、標準より軽めの約0.34N(約35g)、標準より少し重めの約0.54N(約55g)と、荷重の異なる2種類の交換ラバーが各15個付属する。すべてのキーの交換はできないが、たとえば小指で使う「a」のキーは軽めにしたい、など好みにあわせてカスタマイズできるのが特徴だ。カスタマイズには、専用のキートップ引き抜き工具を使用する。

 カラーは、白と黒の2種種類で、108キー、USBインターフェース(USB1.1)を1ポート装備している。今後は、キー配列やインターフェースなどラインアップ拡充するほか、カスタム対応にも対応予定という。

 富士通コンポーネントは、OEMを中心に30年以上のキーボード開発実績があるという。

“リベルタッチ(Libertouch)の白(左)と黒(右) リベルタッチ(Libertouch)の白(左)と黒(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加