logo

続々と登場するリッチインターネットアプリ--一体何に最適か? - (page 2)

文:Alex Iskold 翻訳校正:吉井美有2007年06月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apolloとは何か

 AdobeはApolloを次のように定義している。

Apollo

 ApolloはAdobeが開発しているクロスOSシステムランタイムのコードネームであり、開発者が既存のウェブ開発スキル(Flash、Flex、HTML、JavaScript、Ajax)を活用し、デスクトップ上の豊かなインターネットアプリケーション(RIA)を作成し、展開することを可能にするものだ。

 Adobeはこのソリューションがランタイムであることを強調している。同社はApolloをRIAフレームワークとしてマーケティングしているが、これはApolloがRIAの定義の3つの側面のすべてを満たしているからだ。このランタイムはデスクトップとオフラインモードの面倒を見るが、既存のFlashプラグインもブラウザの中で同じ機能をサポートしている。ただ、同社はランタイムのダウンロードの重要性を強調しており、これがブラウザとは違うところだ。

Silverlightとは何か

 MicrosoftはSilverlightを次のように定義している。

Silverlight

 Silverlightはクロスブラウザ、クロスプラットフォームのプラグインで、次世代の「Microsoft .NET」ベースのメディア経験とウェブに豊かで双方向的なアプリケーションをもたらすものだ。

 Apolloとは違って、Silverlightは単なるブラウザのアドオンであり、独立したランタイム環境ではない。その代わり、Silverlightは.NETインタプリタをブラウザの内部にパッケージ化し、開発者がすべての.NET言語を利用することができるようにする。そして、これも同じRIAの目標を達成している。ブラウザ内での豊かな経験を作り出す一方、オフラインモードもサポートする。

Google Gearsとは何か

 GoogleはGearsを次のように定義している。

Google Gears

 Google Gears(BETA)はオープンソースのブラウザ拡張機能であり、次のJavaScript APIを使うことで、ウェブアプリケーションがオフライン機能を提供できるようにするものだ。APIには、Gearsはローカルでアプリケーションの資源を保存、提供するもの、ローカルに完全な検索を行えるリレーショナルデータベースの形でデータを保存するもの、アプリケーションの反応を向上させるため、非同期でJavaScriptを実行するものがある。

 Googleのソリューションは主としてオフラインモードに焦点を当てている。この観点から言えば、これは本当はRIAフレームワークではなく、むしろブラウザに対するオフラインモードの機能拡張だ。これはスタンドアロンではなく、Silverlightと同様、ブラウザの機能を強化するだけだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]